製缶板金、板金加工、プレス加工及び製缶加工から溶接、組み付け調整まで一貫加工。
 図面の向こうに見える最終ユーザーの満足を追及する、株式会社山田製作所です。
株式会社山田製作所

工場案内

工場見学トップへ 次へ

材料置き

材料置き場

山田製作所では、主にステンレスのt1.5とボンデ鋼板のt1.6が主材料になります。
ここは、シャッター前の材料置き場です。


【3S活動するまでは・・・】
二山、4尺×8尺の定尺が、t9、t6、t4.5、t3.2、t2.3、t1.6…と各1トンくらい積上げて在庫をしていました。

ページトップ ▲

シャー

シャー

シャーとは、板を切断する機械ですが、縦横を切るだけなので、1人で1~2分でできる加工です。

【3S活動するまでは・・・】
例えば600□位の材料を1枚切断するのに、まず残材を探し、なかった場合は定尺の山を二人がかりで、クレーンを使って崩し1枚を取り出し、そしてまた山を戻していました。2人で10分くらいかけていました。

ページトップ ▲

シートメタル定尺台車

シートメタル定尺台車

歩留まり良く余ってしまった大きな材料を保管するためにある定尺材を置く台車です。
本当のあるべき姿はゼロ枚です(在庫ゼロ)。

【3S活動するまでは・・・】
現在の3倍くらいの大きさでした。


ページトップ ▲

残材台車

残材台車

残材を収納するラックです。
マジックで大きさを100・200・300・400・・・・・とわかりやすく書いています。


【3S活動するまでは・・・】
ラックの大きさが4倍ほどの大きさでした。そして、SUSt1.5で600□の材料を1枚切りたい場合、残材はないかこの前に立ち、スケール(コンベックス)を探しに行き、材料に当てて判断していました。


ページトップ ▲

盤木台車

盤木台車

長さ1200×600mmに統一した盤木の数量は20本です。
ケースは、色分けがされており、色で直す場所を決めています。

【3S活動するまでは・・・】
盤木がすぐなくなり、探さないといけなく、すぐ痛んでいました。


ページトップ ▲

手元化管理

手元化管理

シャーやPASなど機械の手元化管理を徹底しました。シャー専用のスケールや電卓など『徹底とことん』を行うことで、いつでも全て揃っています。

【3S活動するまでは・・・】
『シャーのスケールがない・・・』『見つけた人は直しといてや・・・』と注意する日々でした。


ページトップ ▲
工場見学トップへ 次へ
 


オリジナル3S商品ブランド


限りない満足のためのハイクオリティーな製品づくりを追求し続けます。

技術の裏付けとして、資格取得に力を入れています。


山田製作所といえば3S活動!社員一同徹底して取り組んでいます。



開発技術者たちが、製品への思いを語ります。


山田製作所で働く社員のメッセージです。やりがいや心構えをご紹介。










■製品事例一覧
■ステンレス板金
■ステンレス製缶品
■SS製缶板金・溶接
産業用乾燥機
設計開発製品
オリジナル3S製品
 ワイデクル
山田製作所の特長
山田製作所について
HOKICHIの紹介
工場案内
来客者一覧
主要設備
技と知識
技術者の部屋
テレビ・メディア掲載
山田製作所の取り組み
3S活動について
明るい宣言システム
環境への取り組み
納品までの流れ 交通アクセス
リンク集
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合せ
よくあるご質問
お見積もり依頼
  山田製作所の歴史
会社情報
社員の声

Copyright' Yamada Manufacturing CO.,LTD All rights reserved.
山田製作所 Facebook